月別アーカイブ

SAI DIARY

40代女性で、パラジウム金属アレルギーと歯周病による欠損があります。

インプラントで補綴することになりましたが、歯列不正もあり、矯正をしてからのインプラント治療になりました。

既に歯を数本失っていたので、それを利用して矯正することになりましたが、

どうしても抜かなくてはいけない歯が1本あり、この抜歯で患者さんと悩むことになります。

歯を失い、インプラントするので、矯正もすることになったのに、更に便宜上1本抜歯に

なることを、そう簡単に納得できるものではないからです。

最初の口腔内です。少し混雑があります。

matuo-f1

下顎の写真の右にある部位は混雑していて、抜歯がいるのですが、反対の左は既にブリッジで大臼歯がありません。

矯正のシミュレーションでは、大臼歯のサイズほどのスペースは不要で、2mm強あれば足りる為、左側は矯正

してもまたブリッジの予定でした。

そこで、右の抜歯した歯を、ブリッジの欠損部に移植してみようとなりました。

matu1

matu2

移植は、ごくごくまれ~にしますが、わたしの成績は良くありません。いつまで持つかも分からないし

保険で出来る再植は、抜歯と再植が同時の場合のみ適応なので、結構、大変です。

今回は、受容側に穴がないので、インプラントの要領で、骨にドリリングして

慎重に右から左へ植え替えました。無事に成功しまして、左側がブリッジではなく治す事ができ

右側の隙間もきれいに埋めることができそうです。

滅多にないケースですが、歯を1本救ったような気持ちで、ちょっとテンション上がります。