月別アーカイブ

SAI DIARY

suga1suga2

他院にて、高校生の時に矯正をした患者さんの「ガミースマイルを治したい」という相談です。

上顎は、すべての歯にリンガルブラケットをセットしました。

口蓋に矯正用アンカーを埋入。

かつ、唇側にもブラケットをセットし、アンカーを2本いれて牽引しました。

術前にCTで、根尖が動かせる方向を確認して、ブラケットの角度を決めてもらって、オーダーしています。

ガミー感がなくなりましたが、下顎前歯のズレも気になり始め、結局、下顎前歯部の部分矯正も始めています。

正面から見ると、ガミーは治っているのですが、前歯部の前後的なズレが明らかになっているので、そもそも、非抜歯で矯正をしたことが間違えではないかな?と思う噛み合わせです。

ご本人は「いまさら、抜歯は望まない」とのことで、上顎の歯を全部、後方へひっぱって帳尻を合わすことになりました。

私の今年の治療テーマは、開咬(オープンバイト)とガミースマイルなのですが、骨格との闘いをヒシヒシと感じます。

 

今年は、マスクの時期が長く、比較的、見える唇側に装置をつけることを許容してくれる患者さんが多いので、助かっています。

アンカーに頼りすぎている部分もあるので、歯根吸収にも気をつけながら、治療を進めています。