月別アーカイブ

SAI DIARY

上顎洞穿孔

2020年10月22日

sinus

一昨日、歯科医師人生初めての、上顎洞穿孔に遭遇しました。

このレントゲンは発生後のCTなのですが、歯根が 「くの字型」に曲がっていることを、事前の普通のレントゲンでは

分からず、簡単に抜けると思っていました。

削って二分割して抜こうとしましたが、一部が割れて、その空間の底が白くペラペラしていたので、歯の破片かと思い

引っかくと、パカっと外れて、米粒くらいの隙間から、真っ暗な上顎洞が広がっていました。

ゾッとして、衛生士にテルプラグを出してもらい、米粒ほどにカットしてそっとフタをして、頼りにしている口腔外科に

電話した次第です。

外科の先生には、「気にしなくていいから、そのまま抜歯して。穴はふさがるから」って言われましたけど

いやいや、無理です。

視界に空洞が入ってしまい、タービンで削ったら、そこからのエアーや歯の削りかすが、その穴から入ったら

鼻から出てくるのでは・・・とか考えたら、難しいです。

しかも、この歯根のくの字に曲がった部分が、全面上顎洞に接しているので、抜歯するときに力を入れて

上顎洞に入ってしまうかもしれないので、お願いしてそのまま外科へ行っていただきました。

1時間半後くらいに、患者さんからお電話があって「歯を抜いたら大きな穴になって、縫った。

明日、傷をカバーする為にまた外科に行くことになりました。」と。

大きな穴って。